スポンサードリンク

HOME >> マクロビオティック基礎知識

マクロビオティックと菜食主義について

玄米食と菜食主義

玄米食にとって菜食はなくてはならない存在です。
玄米は、リンの含有量が多いので酸性食品です。
フィンチ酸というのがカルシウムやマグネシウムと結合してカルシウムの吸収を妨げると言われています。

このことからカルシウムとリンのバランスをとるために、カルシウムの多い野菜類をたくさん摂らなければならないと言えます。
これが、玄米食には菜食が必要とされる理由です。

マクロビオティック"マクロビオティックと菜食主義について"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイント:穀物食・野菜食をする

日本人は、穀物、野菜、小魚、貝、海草類などを食べていた歴史が長く、肉食中心の食生活は短いと言えます。
ちょっとおもしろい人間の歯の数の割合と食べ物の関係があります。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイント:穀物食・野菜食をする"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイント:自分の力で摂れるものを食べる

「自分の食べるものは、肉体的にも頭脳的にも自分の力で摂ることのできるものを食べるようにする。」
ちょっと原始的な考え方ですが、これを覚えておくと人間の成長に合わせて何をどれだけ食べればよいかがわかります。

子供から大人への成長に合わせて食べることができるものは変わっていきます。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイント:自分の力で摂れるものを食べる"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイント:遺伝の法則

マクロビオティックを実践するのに遺伝の法則に従うという考え方があります。
食事の選択は、あくまでも自身が生まれた環境と体質に沿って考慮するということです。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイント:遺伝の法則"の詳細はこちら

マクロビオティックの効果

マクロビオティックの効果として考えられることは、

  • 細胞レベルから美しく若返る。

  • リバウンドしない健康的なダイエット。

  • 神経がおだやかになり、集中力、判断力が高まる。

  • 心やからだの不調が軽減し疲れにくい体になる。

このベースにあるのが人間が本来持っている自然治癒力を引き出しそのバランスを取り戻すこと。
その理論は、とてもシンプルなものです。

マクロビオティック"マクロビオティックの効果"の詳細はこちら

マクロビオティックの基本の食事

マクロビオティックの毎日の基本の食事はいたってシンプル。
「玄米ご飯・味噌汁・漬物」の3品です。

マクロビオティックの食事は、主食の玄米ご飯が全体の5ー6割を占めます。
あとは、自身の体調、体質に合わせて副菜をとるという考え方。

マクロビオティック"マクロビオティックの基本の食事"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイントー理想的な食事バランス

マクロビオティックは素材も調理法もナチュラルでシンプルです。
以下の数字を目安に気候風土や季節、自身の体調に合わせて調節します。
あくまでも理想的なバランスですからあまりムツカシク考えないで、できることから少しづつ取り入れていきましょう。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイントー理想的な食事バランス"の詳細はこちら

マクロビオティックの陰陽:寒・陰性(体を冷やしゆるめる性質)

陰性、体を冷やす食物をあげてみました。
現代人は陰性に傾きがちです。

マクロビオティック"マクロビオティックの陰陽:寒・陰性(体を冷やしゆるめる性質)"の詳細はこちら

マクロビオティックの陰陽:中庸(陰陽の中間) 

中庸は、健康な心身の状態。
陰陽の中間あたりに位置する食物。

マクロビオティック"マクロビオティックの陰陽:中庸(陰陽の中間) "の詳細はこちら

マクロビオティックの陰陽:熱・陽性(体を温め引き締める性質)

体を温める食物をあげてみました。
現代人に不足がちな陽性食品を意識してとりましょう。
最近こんなの食べましたか?

マクロビオティック"マクロビオティックの陰陽:熱・陽性(体を温め引き締める性質)"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイントー陰陽の原理

陰陽の原理とは、簡単に言えばバランス。
地球上のすべてのバランスのベースになっているのが陰と陽。
マクロビオティックでは「陰陽」で物事を見ることを大切にしています。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイントー陰陽の原理"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイント:一物全体(いちぶつぜんたい)

一物全体とは、「一物は全体に生きている、その全体でバランスが取れているので、あるがままに丸ごと食べてこそ身体は調う」 という考え方。
この考え方はかつての日本型食生活にとても近いものですね。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイント:一物全体(いちぶつぜんたい)"の詳細はこちら

マクロビオティックのポイント:身土不二(しんどふじ)

身土不二とは、「人間も(身)生まれ育った環境(土)と一体(不二)である」という仏教の言葉を借りて表わしたものです。
住んでいる土地にできるだけ近い環境で採れる旬の食物を食べることで身体が環境に反応し健康になっていくという考え方です。

マクロビオティック"マクロビオティックのポイント:身土不二(しんどふじ)"の詳細はこちら

マクロビオティックとは?

マクロビオティックとは、自然の食物のエネルギーを身体と心に取りいれ、人間が本来持っている自然のバランスを取り戻すための食事法。

無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心とした食事で身体にストレスがかかる肉や砂糖、乳製品などを避け、旬の食べ物、玄米、野菜、豆、 海草などといった食品を食べます。

マクロビオティック"マクロビオティックとは?"の詳細はこちら

マクロビオティックおすすめ情報

マクロビオティック資料請求(無料)で濃い野菜セットで旬をプレゼント。宅配野菜のらでぃっしゅぼーや