スポンサードリンク

HOME >> 農薬・添加物の除去方法

卵・牛乳の安全な選び方

マクロビオティックでは、卵、牛乳は肉や魚類同様陽性で、できるだけ避けたいグループに入ります。
時々いただく卵、牛乳を安心して食べられる選び方、保存方法を覚えておくと便利です。

マクロビオティック"卵・牛乳の安全な選び方"の詳細はこちら

魚類:農薬・添加物の除去方法

マクロビオティックでは、魚類は陽性で、できるだけ避けたいグループに入ります。
時々いただく魚料理を安心して食べられる工夫をしましょう。

魚類は、科学汚染物質、有機水銀、農薬、抗生物質等が心配されます。
少しでも安全に食べるための魚類の選び方と調理方法です。

マクロビオティック"魚類:農薬・添加物の除去方法"の詳細はこちら

肉類:農薬・添加物の除去方法

マクロビオティックでは、身体にストレスがかかる肉類は陽性で、できるだけ避けたいグループに入ります。
時々いただく肉料理を安心して食べられる工夫をしましょう。

肉類は、飼育段階での科学汚染物質、合成女性ホルモン、抗生物質、薬剤等が心配されます。
少しでも安全に食べるための肉類の選び方と調理方法です。

マクロビオティック"肉類:農薬・添加物の除去方法"の詳細はこちら

野菜:農薬・添加物の除去方法

野菜類の農薬除去方法は流水で洗って、葉ものは一度茹でて下処理をしてから調理するのが基本です。

マクロビオティック"野菜:農薬・添加物の除去方法"の詳細はこちら

農薬や添加物の除去方法

マクロビオティックでは、無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心とした食事で身体にストレスがかかる肉や砂糖、乳製品などを避け、 旬の食べ物、玄米、野菜、豆、海草などといった食品を食べます。
ですが、現代の食生活の中で、全てこれを実践するのは難しいことだと思います。

忙しい現代生活では、いつも無農薬、自然農法の食材が手に入るわけではないし、お肉や魚、卵や牛乳を食することもあるでしょう。

このカテゴリーでは、野菜、肉、魚、乳製品をできるだけ安全に食べるための食材の選び方、農薬や添加物の除去方法をご紹介します。
情報源は、以前通っていたヨガ教室で開かれた「現代人向けマクロビオティック講習会」にて管理人がメモを取ったものです。

流水で何度も洗ったり、アクを摂ったり、外側の葉を捨てたりとマクロビオティックの基本からは外れますが、 マクロビオティック調理法の基本は、無農薬を前提としています。
安全な食事のためには、体に蓄積されていく農薬や添加物を減らす工夫が必要です。

少しの一手間で食材はグッと安全のものに近づきます。
どうぞ、お役立てください。

マクロビオティックおすすめ情報

マクロビオティック資料請求(無料)で濃い野菜セットで旬をプレゼント。宅配野菜のらでぃっしゅぼーや