スポンサードリンク

HOME >> マクロビオティック食材:野菜

マクロビオティック食材:古代ねぎ

古代ねぎは、ほのかなにらの風味がするユリ科の野菜。
品質改良していない原種で、しかも農薬の必要がなく病害虫に強いことから「古代」という名がついたそうです。

βカロテンがにんじんより多く、にらの2倍も含まれます。
ビタミンC、食物繊維、鉄にも富んだ栄養野菜。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:古代ねぎ"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:空心菜

空心菜は、「ヨウサイ」「エンサイ」とも呼ばれる中国野菜。
ほうれん草よりカルシウムや体調を整える微量栄養素が豊富です。
見分け方は、緑色が濃く、茎が太く、葉がシャキッとしたものを選びます。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:空心菜"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:かぶの葉

かぶは、晩秋から初冬にかけてが旬。
葉の緑が濃くシャキッとして枯れていないものを選びます。
買ったらすぐに葉を切り落とし、別々に保存しましょう。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:かぶの葉"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:大根の葉

大根は、一般的には10月から3月が旬。
大根の葉をつけたまま保存すると、葉が成長してスが入ることがあるので、葉を切り落とし、 茹でやすい使いやすい長さに切ってから冷蔵か冷凍保存にします。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:大根の葉"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:ほうれん草

ほうれん草は、秋から冬にかけてが旬。
夏に比べて3倍ものビタミンCを含みます。
緑黄色野菜の代表ですが、陰性が強いので食べ過ぎに注意。

見分け方は、緑色が濃く、葉が肉厚なもの。
株は小さめ、茎は太め、根が赤いものを選びましょう。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:ほうれん草"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:春菊

春菊は、冬が旬の代表的な青菜。

見分け方は、葉の色が濃く、葉がたくさんついているもので茎が短いもの、香りが強いものを選びましょう。
葉が黄ばんでいたり、茎が固いものは避けます。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:春菊"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:ブロッコリー

ブロッコリーは、青菜ではなく花を食べる花菜。
ビタミンCが豊富で、100g当たりのビタミンCの量は、レモン果汁約5個分にもなります。

見分け方は、緑が濃く、こんもりして切り口がみずみずしいものを選びましょう。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:ブロッコリー"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:小松菜

小松菜は青菜の中でも特にカルシウムが多く、ほうれん草と比べてもカルシウムの含有量は5倍近くあるといわれています。
1月から2月にかけて日光を充分に浴びた露地物が出回ります。

小松菜の選び方のポイントは、葉が肉厚で、緑色が濃くい物を選びます
小さいほど味がよいとされています。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:小松菜"の詳細はこちら

マクロビオティックと冬の野菜

寒さの厳しい冬は、陰の極まる季節。
風をひいたり、冷えたりと体調も不安定になりがちです。

寒さに負けないよう食材や調理方法も冬に合ったものに変えていきましょう。
陰性な食材を避け、穀物と味噌、根菜野菜などの陽性な食材を選び、時間をかけて作る陽性な仕上がりにし、体の中から温めます。
適度に油を使い、塩や醤油、味噌でしっかりとした味の根菜、乾物料理に、さっぱりとシンプルな野菜料理を組み合わせます。

冬が旬の野菜は次の通りです。

マクロビオティック"マクロビオティックと冬の野菜"の詳細はこちら

マクロビオティックと秋の野菜

夏の陽性さが落ち着き、自然のエネルギーもじっくり実りをもたらす秋。
キャベツや白菜、玉ねぎ、かぶ、かぼちゃなどの丸い食材が甘く充実しています。

調理時間を短めにした夏の調理法から少しずつ時間をかける調理法に変えていきましょう。
やがて来る、冬の寒さに体が対応できるよう、味付けは塩、醤油、味噌を少しずつ増やしていきます。
生野菜は避けるようにします。

秋が旬の野菜は次の通りです。

マクロビオティック"マクロビオティックと秋の野菜"の詳細はこちら

マクロビオティックと夏の野菜

暑い陽性な季節は、体を陽性にする玄米や味噌が食べづらくなり、陰性の(体を冷やす)フルーツや冷たいものを多く摂りがちになります。
体調に合わせて、陰性の食材を選んだり、陰性に傾く調理法を工夫しましょう。
調理時間を短くして野菜の陰性さを残すようにしたり、さっぱりとする梅酢や柑橘類の絞り汁などで味付けするのがポイントです。

夏が旬の野菜は次の通りです。

マクロビオティック"マクロビオティックと夏の野菜"の詳細はこちら

マクロビオティックと春の野菜

春は全ての生き物が目覚める季節。
人間の細胞も活発に動き出し、冬の間にたまった老廃物を外に出そうとします。
特に苦味のある春野菜や野草、山菜は排毒作用を高めます。
春の野菜で体をリセット!!
春が旬の野菜は次の通りです。

マクロビオティック"マクロビオティックと春の野菜"の詳細はこちら

マクロビオティックと野菜

ビタミンCやE、B群、カロテン、カルシウム、ミネラルなどが豊富に含まれている野菜は健康な身体を保つために欠かせません。

マクロビオティックでは、野菜は副菜として一日の食事量の25ー30%を目安にします。
できるだけ、その土地でとれた有機栽培のものか、同じ温帯性の気候の土地のものを選び、根菜、丸い野菜、葉野菜をバランスよくいただきます。

最近は、無農薬、有機栽培野菜の通販、宅配、産地直送などが充実していて、新鮮な旬の野菜が手軽に手に入ります。
上手に利用して効率よく、旬の食材をいただきましょう。

マクロビオティックおすすめ情報

マクロビオティック資料請求(無料)で濃い野菜セットで旬をプレゼント。宅配野菜のらでぃっしゅぼーや