スポンサードリンク

HOME >> マクロビオティック食材:乾物

乾物料理を簡単に美味しく作るコツ

乾物は調味料や組み合わせる素材によって違う料理になれるという優れもの。
乾燥しているから長く持つイメージがありますが乾物にも賞味期限はあります。
梅雨時までに食べ切るのが目安。
そんな乾物を簡単に美味しく作るコツをまとめてみました。

マクロビオティック"乾物料理を簡単に美味しく作るコツ"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:乾物のもどし方

乾物を栄養を逃がさずもどすコツはもどし時間。
水につけすぎるとうまみや栄養が水に移ってしまうので注意します。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:乾物のもどし方"の詳細はこちら

マクロビオティックと乾物

天日に干したり、凍らせて作る乾物。
風や天日をじっくりと当てて陰性な水分をとばすので、元の素材よりもはるかに陽性になっています。

乾燥させることで、植物性たんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが凝縮され、栄養比率が高くなっているヘルシー食品です。

水や熱湯、だし汁などでもどすだけなので調理も簡単。
煮物、揚げ物、サラダ、和え物、汁物、デザートにと様々な料理に活躍します。
保存がきくので常備しておけば便利に使える伝統食品です。

マクロビオティック食材:寒天

寒天は、天草という海草から作られます。
マクロビオティックでは、動物性のゼラチンを使わないので、この寒天をデザートなどを固める時に使います。
棒寒天よりも手軽に使えるフレーク状のものや粉寒天がおすすめです。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:寒天"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:切干大根

切干大根は、大根を天日で乾燥させたもの。
大根を丸のまま乾燥させたものは、丸干し大根。
その他、大根の切り方によっていろいろな形があります。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:切干大根"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:あらめ

あらめは、海藻類です。
大きくて固く茶色の食品で、ひじきに似ています。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:あらめ"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:かぼちゃの種

かぼちゃの種はアルカリ性の食べ物。
酸性に傾いた体質の人におすすめです。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:かぼちゃの種"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:高野豆腐

高野豆腐は、豆腐を凍らせ、解凍して水気を抜き、乾燥させたもの。
昔の知恵で冬の寒気を利用して作られた保存食品です。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:高野豆腐"の詳細はこちら

マクロビオティック食材:麩

麩は、セイタンと似た小麦食品。
小麦のたんぱく質(グルテン)を蒸して、乾燥させたもの。

マクロビオティック"マクロビオティック食材:麩"の詳細はこちら

マクロビオティックおすすめ情報

マクロビオティック資料請求(無料)で濃い野菜セットで旬をプレゼント。宅配野菜のらでぃっしゅぼーや